しがない!

しがない40代自営業の世迷言

何も知らない方が面白いアイディアを出せるとか若い方が恐れを知らずに挑戦できるという考えに少しだけ異を唱えたい

世間的に概ね正しいとされていることばかり信じても面白くない


自分の仕事の新しい可能性として、主に木を使用した雑貨や家具の制作をコツコツと行なっている。1年半程前からになるだろうか、民族楽器のカホンから始まりティッシュケース、小物棚、レザーのタッセルなど思いついたもので自分の技術で実現できそうなものから手を付けている。

これが作りたい、と発想した時にはいつもノートにラフスケッチを書いてみる。
そこから材料を決めたりするのだが大体はこれは今の自分ではできないな、と判断してやめてしまうことが多い。
簡単にできる雑貨品であれば特に迷わず設計図を書けるのだがサイズの大きいテーブルや収納棚などの場合は構造的にしっかりとした物でないと製品化が難しいのだ。
強度を上げるだけなら材料を増やしてがっちりとした作りにしてしまえば良いのだが、そうするとデザイン性が落ちるし重くなる。

プロの作り方ならば出来ることが自分には出来ない、というどうしようもない事実が発想を諦める要因になってしまっているのが現状だ。

趣味や自己使用なら別に作ってから考えればいいか、で済むのだが製品プロトタイプとして考えるとそうはいかない。
材料も時間も全て仕事に換算されるから無駄に終わるのは基本的に許されない。
出来上がったものは最低限、経費を取り戻せるものでなければやる意味が無い。

これは自分がある程度の知識があり、実現ができるorできないが判断できるからこそのことだ。もしも知識や経験がなく取り敢えずやってみようの意識が勝っていたら経費や時間を考えずに制作を進めていたことだろう。

無駄に終わる作業でも出来上がったものは物質である以上消えてくれない。
売るか捨てるかしなければ場所を取る邪魔者になってしまう。現状、俺が制作を諦めるのは仕事としてリアルに捉えるからこその判断だと思っている。 

続きを読む

就活を舐めてかかったらその後の人生に大きなダメージが残った話

多くの獲物(会社)がある新卒という最高の狩り場


就職活動……既に20年近く前の出来事であり、どんな会社を受けたとか面接はどうだったか等、ほとんどの出来事を忘れてしまっている。
だが今になってみると一大イベントだったなあと思う。一年中お祭り騒ぎみたいな。

説明会や掲示板、求職票を見ながら分かりもしないくせに設立年や資本金、仕事の概要を分析した気になっていたのも懐かしい思い出だ。

合同説明会なんて、同じ目的、同年代が一堂に会する大規模イベント、訳も無くテンションが上がった記憶がある。
毎年フェスに出かける下地はこの頃に出来上がったのかもしれない。


懐かしい思い出を振り返ってみたが、結局俺は新卒で就職することは出来なかった。
いわゆる就職氷河期の始まり、前年よりも大幅に求人が減ったという話は聞いていた。
とは言え友人たちは新卒で結構良い会社に採用されていた。早い時期からコツコツと、業界研究なども抜かりの無い奴は氷河期だろうがそうでなかろうが関係ない訳だ。 

続きを読む

本当に必要なものだけを持って生きて行きたいと思うのだが……

結局のところ不要なものは減らしづらく必要なものは無くなっていく


個人事業主である俺は住居のほかに倉庫を借りている。まあ、家で出品などのPC作業も行うし仕事場と家という明確な仕分けは出来てないのだが普通に会社員なら絶対に不要なものにお金を払っていると言うのは間違いない。

売り上げを上げると言う目的で借りた倉庫なのだが、現状ではパフォーマンスは最大化されているとは言えない。導線がうまく作れていないし作業スペースもしっかりと確保されていない。

数ヶ月に一度はマイナーチェンジ、倉庫の棚位置や作業スペースを変えたりということは行っているのだが毎回どうも上手く嵌っていないと感じる。
その理由は簡単で分かりきっているのだが一番対策が難しく解決できそうも無い問題なのでそんなものだろうと割り切って心と体を慣れさせていたのだ。

が、これからはその問題にがっちりと向き合おうと決心した。
さて、その難しい問題だが「売れ残り、売りづらい商品の在庫」をどうするかといものである。物販を生業にしているのなら最大のテーマ、完全に解決できたケースなど存在しないのでは無いかと思う大きな問題だと思う。

それでも出来るだけそういった在庫を効率よく捌く方法を模索すべきだろう。
商品は倉庫にある状態では場所を食う負債であると思っている。お金に変わってくれない以上、次第に邪魔者になるのは致し方ない。
在庫は常にスリムに、倉庫は常にスペースが空いた状態で入荷に備える。
そんな理想を追い求めてみよう。

続きを読む

自己啓発本・経営指南書を読むなんて時間の無駄じゃないか

自己啓発本・経営指南書を読んでも学ぶことはないのだ


毎日倉庫へと向かう際に駅を通り抜ける。そこには本屋が2軒あり、たまに覗いて気になる本を携帯メモに記録していくことがある。
本は俺の唯一の趣味と言えるもので小説、エッセイ、技術書、趣味、漫画まで結構幅広く読んでいる。最近は大人向けに世界史や日本史を解説しているものが好きでついつい買ってしまい本棚のスペースは有限であると怒られることもしばしば。

本屋を覗いているといつも立ち止まるのは自己啓発、経営、仕事についての本がある棚だ。背表紙を見ながら気になる本はパラパラと斜め読みしたりもする。
若い頃、営業マンをやっていた時期や部下を持って会社の売り上げを任されていた時期は自分の考えがまとまらなかったり上からの圧力が厳しい時などよく仕事術や経営書を読んだものだ。

だが、振り返ってもそれが役に立ったとは思えない。
それどころか今ではお金の無駄をしたと思っているくらいだ。

続きを読む

今後、ほとんどの個人事業は大手に駆逐されてしまう可能性があるかも?

大手が本気を出している


最近、ほとんど自分と同じ仕事内容の会社でアルバイトをしている。
リユース品を仕入れてネットで販売、という内容なのだがそこから見えてきたのは個人事業、フリーランスの危うさだった。

一概に危ういなどと言っても、個人なのだから元々危ういだろうがと指摘されればそのとおり。だが、地盤や資金力の危うさなどという元々大手に負けている要因で危うさを感じたのだ。

現在、フリーランスや個人事業、独立など会社組織に頼らない生き方にスポットが当たっている。長らくの不況、就職、中途採用の困難さ、年金の待機期間などなど安定した収入が約束されない状況下で注目されたものだ。
そもそも安定して収入があり、貯蓄も問題なく、たまに旅行に行けたり趣味に時間を割いたりもできる状況なら副業やフリーランスになろうという気持ちも生まれるはずがない。

続きを読む