しがない!

しがない40代自営業の世迷言

ヤフオクで物販するなんて……ましてやそれを生業にするなんて何事か!?

今回は俺が日々奮闘している仕事や将来の展望について書いてみよう。
稼げる情報ではないしお勧めするものでもない、こんな仕事もあるんだなー、くらいで読んで頂けたら幸いだ。


俺の仕事はジャンルとしては物販。インターネット通販業といえばまだ聞こえは良いがヤフオク販売だ。ネットリテラシーの高い方からすればヤフオクなんて出品者も落札者も低レベル、くらい言われそうなものだ。
かく言う俺もヤフオクではほとんど物を買わない、と言うより個人出品からは絶対に買わない。

 


ちゃんと理由はある。個人(仕事としてではなく本当に個人)の方の場合に多く見られる取り引きの進め方がどうしても合わないのだ 

  • 取引連絡の期限設定→落札後48時間以内に連絡ない場合削除する……とか
  • 入金期限設定→連絡後24時間以内に支払い完了が必須……とか
  • 発送方法の選択肢の無さ→明らかはこboonの方が安いよ……とか

あまりに俺ルールでがちがちに固める人が多いので嫌なのである。
まあ、今回のテーマにそぐわないからヤフオク問題は別記事でぶちまける事にしよう。

 

f:id:takuya-suzuki-hitime:20160822010740j:plain
いつかの浅草


さて、仕事の説明に戻ろう。作業を簡単に表すと下記のようになる。 

  1. リユース品を仕入れる
  2. 倉庫に持ち帰る、その後動作を確認したり商品を磨いたりする
  3. 商品を撮影し、出品用データを作成する
  4. 自宅にて撮影画像を出品用に編集、説明文を書いて出品する
  5. 出品中は軽いチェックとメンテ(注目させる)くらい
  6. 落札後、取り引きナビでやり取り、入金確認後に発送する
  7. 到着の連絡や評価連絡があったらこちらも評価で取引終了

流れとしては3まで終わる頃には次の仕入れをしている。常に同じ流れの仕事が続くので、1~6を並行して進めることが可能だしそうしないと売り上げが立たない。 

商品数やメンテの作業量などなど、時間が掛かってしまう場合も多くなかなかスムーズには進まないが月に4~6回の仕入れを行うのが普通である。
売り上げは恥ずかしいので書かないが、何とか生きていくことはできている。


ヤフオク販売をやっていると言うとけっこう言われるセリフがある。
「ヤフー無くなったら売り上げゼロだね、どうするの?」

大体は薄ら笑いで受け流すのだが、心の中では反論はあるのだ。
「ヤフー無くなるくらいの世の中になったらその前にとっくに俺の仕事は無くなってるわ」

アフィリエイトもかじっているので似たような文章を良く見るのだが、本気で言ってんの?と思ってしまう。
「無料ブログのアフィリはブログサービスの終了やブログ削除の危険が付きまとうから絶対にワードプレスが良いんです!」みたいな。
その記事が2012年で今が2016年、4年経過した今、ブログサービスが終了した大手ブログってどれだけあるのやら。ブログ削除は自分が悪いんだから有り得るけれども。


f:id:takuya-suzuki-hitime:20160822013411j:plain浅草・雷門

 


まあ、いつまでも現在の形態で仕事をするつもりは無い。しかしながらツールとしてヤフオクは使い続けるだろう。だってかなり使い勝手が良くて集客力のあるツールだ、使わない手はないのだ。

俺の仕事は確かにヤフオクが無ければ存在しない、それは確かだ。
しかし2016年現在、個人がホームページを作成するハードルも低くなり、ハンドメイド品を販売するサイトができたりしている。
ツールはこれからも増え続けるだろうしネット通販はより成熟していくはずだ。

一つの仕事で生きていこうとするのはリスク管理としてはあまり良いものではない。
ネット通販でも商品の属性やニーズ、価格帯によっていくつかの販路を確保しておくのは必須になるだろう。

俺としてはリユース品は比重を小さくし、ハンドメイドの家具やアクセサリーを増やしつつ、倉庫を店舗化していくことで全体の売り上げを作っていくつもりだ。
リアルな仕事、片付けや掃除などの便利屋的な仕事も始めた。

ミニマムでいたいけれどある程度の組織を持つことは視野に入れるべきなのだろう。
今後どうなるかは分からないが、今現在は仕事は楽しいし将来に向けての行動も始まったから希望もある。