しがない!

しがない40代自営業の世迷言

自分なりに考えたフリーランスで生きていくために一番必要な「○○力」Best5 後編

前回引き続き、自分なりに考えたフリーランスで生きていくために一番必要な「○○力」Best5を書いていこうと思う。

前回はその3で終わっているので残り2つ。
そのまま一つの記事でまとめても良かったのだが5000文字以上になりそうだったので前後編に分けている。あまり長い記事だと読む気にならないしね、特に俺の記事はキャッチーが足りなかったりするので。そのうちキャッチーを科学してみないとな。(適当)

一応前回の記事を紹介。

  

business-life-hitime.hatenablog.com


それでは、自分なりに考えたフリーランスで生きていくために一番必要な「○○力」Best5 後編、スタート。

 

その4・集中力

これがないと始まらない。
フリーランス、特に在宅仕事の場合数多くの誘惑に襲われることになる。

  • Youtubeやニコ動
  • 2ちゃんやまとめサイト
  • ネット通販
  • その他気になることを検索
  • テレビや本、ソファやベッド

会社には無いものばかりでフリーランスがいかにサボりの温床なのかをご理解いただけると思う。フリーの場合、監視の目が無いのでがっちりと作業をしようと思うと集中力は必須となる。

というより人よりも集中力がないと満足いく作業量にならないのだ。
会社員よりも仕事量が多くなりがちのフリーランスだが、1日の時間は別に多くならない。フリーランスの一日が48時間あるなら別に集中しなくても楽々こなせるだろうけどそんなことも無い。

それだけではなく、集中力を欠いた仕事はミスが増える。
すべき工程を忘れる、作業手順がめちゃくちゃ、誤字脱字などなどきちんと集中していれば防げることばかりだ。

俺の場合は出品物のカテゴリや数量を間違える、商品画像を間違える、カホン製作中は作業手順が前後してしまい余計に時間が掛かるなどがよく発生する。
大概前日あまり寝ていなくて集中していない時だ。

集中力に関しては鍛える方法はググればたくさん出てくるので自分にあった方法を探してみて欲しい。気が向いたら今度まとめ記事作ってみよう。

 

その5・持続力

しっかりと仕事を持続させる、テンションを持続させる、お金を持続させるなど様々な持続力がフリーランスには必要になる。

フリーにしろ会社員にしろ仕事はある程度長いスパンで結果を見ていくことが重要になる。短絡的に結果を判断すると後のチャンスを逃すことになるし改良改善することもできない。

石の上にも3年と言う言葉にあるようにある程度物事を持続させるのは大事なことだ。

俺にしても2年ほど前からかなり資金繰りが厳しいし、仕事の内容ももっと進化させないと今後生き残れないかもという危機感も感じている。
やめて新しい仕事を立ち上げてもいいかな、と思ったりもしたが結局今も仕事は持続している。

ここ最近でなんとか持ち直しの気配が感じられるようになったし新しい仕事も始まっている。これは続けなければ産まれていないアイディアから始まっているものだから、持続してよかったと思っているところだ。

 

最後に

今回のBest5だが、全て密接に繋がっている。

  • 立ち上げる仕事や売り上げ増のための調査力
  • 調査した資料を元に仕事を進めるための構成力
  • 構成した仕事で目的を達成するために必要なプレゼン力
  • 実際に仕事に取り掛かり、作業するのに必要な集中力
  • 結果が判断できるまで仕事を続ける持続力

思いついたままに挙げた5つだったが意外に繋がっているものだ。
いささか強引に繋げた部分も否定はしないが大枠では間違っていないと思う。

あくまでも俺が考える基本的な力ではあるが、意識して欲しい。

勘違いしがちだが、個性とかオリジナリティとかはフリーランスにはいらない。
と言うよりもそれを出そうとして頑張っちゃうのが普通にダサい。

フリーランスで長く生きて生きたいのなら、普通の仕事感覚のほうが大事だ。


今回は何となくまとまった気がするのでこれくらいに。
もしかして最短の記事かもしれない。