読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない!

しがない40代自営業の世迷言

いま自分が楽しんでいる仕事は本当に売り上げに繋がっているのか?

仕事は楽しみたいが売り上げも大事

 独立してから5年、リユース品のヤフオク販売でやってきたものの長く続けられるものではないと気づいたことは既にどこかで書いたかもしれない。

 

business-life-hitime.hatenablog.com

 
リスク管理としてヤフオク一本というのは誰が見てもバランスが悪く見えると思うし俺もそう思う。

かなり利益率も落ちるが新品商品も在庫していこうと思うし倉庫も店舗として活用を始めた。ネット通販、リユース品という俺の軸を更に広く展開するという考えに基づいたものだ。

もう一つの軸として、自分の売り物は自分で作るというDIY精神を発揮してやろうとオリジナル商品の開発、製作も始めたのだ。
これがまあ、難しいのだがそれ以上に楽しさが半端ではない。

 独立したのだから自分が楽しいと思えることが一番、最近とくに実感している。


……のだが同時に売り上げがしっかり上がるかの確信は無いことも実感としてある。

もちろん巷で人気の商品をしっかりとリサーチしているしカホンは新品価格を参考に、初心者やインテリア性も大事にしたい人に向け、価格を抑えて製作するような工夫もしている。

だからといって製作、ネットに商品アップ、すぐに売れる!なんて幸せな結果が即出ることにはならない。

製作ばかりで本来の軸になる仕事が疎かになっては本末転倒。
いつもながらしくじらないと気づけない己の先見性の無さに呆れているところだ。

 

新しい仕事に取り組む時は計画的に

会社でも個人でも同じではあるのだろうが、新規事業を始める際には人員配置から仕事の骨格、ゴール設定まである程度のガイドラインを用意するのが当たり前だ。

個人の場合、人員配置も何も一人だが、それ以外は会社よりもしっかりと考える必要がある。新規事業を始める場合、それが今後の新しい軸になってくれるような願望があると思うのだ。少なくとも俺はそうだ。

俺は本業をオリジナル商品の開発と販売にしていくつもりでいる。
それならある程度の時間と労力が掛かるのは当たり前!と説教をくらうのかもしれないがそれでは売り上げが壊滅的なことになるから問題なのだ。


今回はオリジナル商品を開発、販売の概略だけ考えて走り始めたのが悪かった。

  • 新しい仕事の柱を作らねば、木工できるからオリジナルの雑貨とか家具作ろう
  • できるだけ手間を掛けずにやりたいなあ、既存品のアレンジでやってみよう
  • どんな形がいいかなあ、ネットで調べてみよう
  • 形は分かったし、早速作り始めてみようかな
  • できた、製作にこれだけ掛かっているから販売価格はこれくらいで
  • できたものからどんどんアップしよう、ラインナップは作りながら考えよう

これが阿呆の仕事だ。
もうちょっと売り上げとか原材料の仕入れ価格とか一ヶ月でどれくらい販売するかの目標とか、考えはしている。
だが、客観的に見るとこんなものだ。これではいけません。

  • 新しい仕事の柱としてオリジナルの雑貨を製作しよう
  • 既存品のアレンジから、慣れてきたら完全オリジナルの商品を加えていこう
  • 市場価格から判断すると想定売価はこの程度、材料費は上限○○円程度で
  • 製作に掛かる時間はこの程度、週に○種類、○個をショップにアップできる見込み
  • 1ヶ月での製作個数は○○個を見込む、○○個を販売目標とすると売り上げは……
  • 売り上げの○○%を在庫の製作に使用、○○%を試作品に使用する
  • 1ヶ月に○個の試作品を製作、売れ行きを判断しラインナップに加えるかの判断をする
  • 3ヶ月経過での商品数は○○個、それぞれの予定個数から売り上げは○○円を見込む

穴だらけではあるが最初にこの程度の内容を決めておくべきだろう。
どうせ随時更新していくものだし、状況次第で変わるものだから、がんじがらめにするのも良くないと思う。


ただ、ある程度の計画性を持たない限り、仕事としての成長も見込めないのは間違いない。思いつきだけで成功できるのは一握りのラッキー人間だけだ。

 

仕事は数字があがってナンボだから

仕事は数字で判断される。
営利目的である限りそこからは逃げられない。

どんな仕事だって最終的には売り上げアップに繋がっているとは思う。

経理の仕事だって会社の数字を明らかにし、まとめることで管理者の判断材料となるわけだから。
事務方だって最終的には会社の売り上げアップに貢献する仕事をしていると思うのだ。


ただ、商品開発に関してはちょっと違う一面も持っているように思う。
仕事としては大事、むしろ一番といっても過言ではない。

だが、それが売れるか、利益がでるかの確証は無いまま進まないとダメな部分もある。
ただ、楽しいのだ、将来を見据えている感もあるし新しい仕事に取り掛かる充実感もあるから。

だからこそ、今楽しい仕事だからこそ、売り上げに反映されるようにしなければならない。本業を疎かにすることもあってはならない。


数字の上がらない仕事をいつまでもしていて良いのならそれは最高だ。
だが、そんなことは出来ない。

フリーランスならなおさら、限られた時間をきっちり使い切らないと仕事のスピードが落ちるばかりで良い結果が出にくい訳だから。
もう少し計画性が欲しいと思う今日この頃……

 

毎日反省ばかり、成長していると思わないと酒の量が増えるばかり。