読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない!

しがない40代自営業の世迷言

個人事業主にとって最大のリスクは場所だと思う

避けられないリスクを抱えてしまう個人事業主


仕事場所は最大リスクである


個人事業主にとって、仕事場所(事務所・倉庫・店舗)は最大のリスクと言ってもいいものだと思う。家賃はもちろん、借りていること自体がリスクになる場合もある。

物販、サービス業、飲食などなど場所が絶対に必要となる業種で独立した場合でさえも、リスクにもなってしまうのだ。


おれ自身を考えると、現在の最大リスクはやはり倉庫だ。
在庫、ハンドメイド用の工具や道具の置き場所として絶対に無くてはならないものだが、大きな負担になっている。

理由は大きく2つ

  • 金銭的なもの
  • 場所を有効に使えていないこと(倉庫を借りていることから発生する問題)


今回は場所がリスクになるというのはどういうことか書いてみたい。
実体験として、現在進行中の話だからそれなりのリアリティが有ると思う。
場所を有効に使えてないこと、金銭的なもの、どちらも密接に繋がっている。
まずは場所について書きながら、金銭的な部分にも触れていこうと思う。

 ノマドワーカーやフリーランスのように、場所を選ばず仕事できるならそのリスクを負うことは無いのだが、大半の個人事業主は仕事場を持っていると思う。

事務所や店舗は、仕事をする、売り上げを生むというプラス面だけがあるのではない。それが重荷になる可能性も有るのだ。

例外的にリスクを抱えずに済む場合もあるが、大概はそうならない。

それは何故か?

人間はそもそも場所をきれいに使うことができないからだ、と思う。
※これは俺が今までの人生で体感したものであくまでも個人の感想だ。

  • 几帳面で家はキレイで清潔だが、仕事場が整頓されていなくても平気
  • キレイにしたいと思ってはいるが、いったん汚れると放置
  • 棚を使ったりと努力はしているが、キャパを超えた時点で片づけすることができなくなる


長いこと整理整頓され、どこに何があるかすぐに答えられる倉庫や事務所なんてこの世に存在するのだろうかと思う。

いつの間にかある、生えてきたの?と言いたくなるほど様々なものが乱立するのが普通だと思うのだがどうだろうか。

ふと手に取ったら数ヶ月前に買ったが使用していない雑品があれば要注意だ。
いつでも汚れる準備はできている。

 

ネット通販の場合


ネット通販業である俺は倉庫が絶対に必要だ。それが最大のリスクになるのだから皮肉なものだと思う。

一人でやっていると、常に整理整頓されている倉庫を保つことは非常に難しい。整理整頓は直接的に売り上げに繋がらないからだ。少々動きづらくても一応仕事はできるから、まずは撮影や梱包を済ませたいし、オリジナル商品も作りたい。

整頓は常に後回しだ。
それが、倉庫を最大リスクにする要因になっていると思うのだ。


ネット通販の場合、店舗の様に商品をディスプレイする必要は無い。
むしろ日光による色ヤケ、落下による破損などにより商品がゴミになる可能性を無くす為にはしっかりと収納する方が良い。
店舗スペースが必要ないのだから、キレイに収納することなんて簡単だろう?と思うかもしれない。


収納、それがまた難しい。

個人事業主でなくても倉庫や店舗、事務所で働いた人にはわかると思うのだが、商品以外にも、いつの間にか物が増えてしまっていることは多々ある。
細かいものがごちゃごちゃと、片づけが面倒なほど色々なものがある、そんな状況になったことは無いだろうか?
ペンや工具、本や雑誌、割り箸……様々なものがある、最初はキレイだったのに。


商品を収納するのもなかなか難しい。大小、種類など分類は色々あるが全てが棚にしまえる訳でもなく、あぶれてしまうものが出てくる。
通路や棚の前に物が置かれてしまうと危険信号だ。


俺の場合、商品のメンテナンス、撮影、梱包、オリジナル商品の製作、商品収納と作業エリアが結構必要だ。
メンテナンスと商品製作、撮影と梱包などエリアが重なることもあるが、かえって整頓が難しくなる原因になっていると思う。

リユース品なので、全てをネットに載せる訳でもない。
物を選ばずまとめ買いをしているので、ハズレ商品も多いのだ。そういった商品はいつまでも出品されず、お店も無いので不良在庫化し、倉庫を汚している。

商品を製作する以上、工具や塗料、材料も必要である。
できるだけ手を掛けたら完成まで一気に進めるが、材料不足により途中で止まっているものだってある。


結局、一人で色々やっていると片づけが中途半端になるし、売り上げ外の作業は後回しになるのでどんどん倉庫が汚れていくのだ。
物も増えるし品物もバラケてしまう、これが大きな問題。

 

整頓できていない倉庫は重荷になり、リスクに変わる


整理整頓が不十分な倉庫(事務所・店舗)は自分にとって重荷になり、結局のところ金銭的なリスクに繋がってしまう。
重荷=借りていることのリスク、である。

理由は大きく分けて二つ

  • 整理整頓されていないと、物を探したりで本来使わなくても良い時間が発生
  • 導線を確保できていない場合、通路に物が置かれている場合、いちいち小さな整理を伴うので作業効率が落ちる

どちらも時間に関係する問題で、共通点も多い。
目的の作業をするのに一直線にできず、細かい作業が挟み込まれるのはストレスだ。
物が見つからず探し回るのは時間の無駄、テーブルの上が片付かず作業すると効率は落ちる、通路に物が置いてあると通りづらくストレスが溜まる。


無駄な時間を使うことで自分の時給はどんどん下がり、売り上げも効率も下がるのだ。
しかも具体的な対策がなされない限り解決しない、自然に問題が無くなる事は絶対に無いのだ。

 

問題解決へ


リユース品でなくてもなんでも良い。在庫商売をしている場合、倉庫に対する考えを改める必要がある。
売れない品物は商品でなく金食い虫、早めに処理をしなくてはならない。


ルールに厳しい会社なら、不良在庫を適当に捌くなんて不可能だ。
しかし、個人でやっているなら話は別、どんどん処理をしていくべきだ。

 

不良在庫は手間を掛けずにどんどん捌くべし!


品物に対して冷酷な判断をすることが全体の流れをスムーズにしていくということ。

これに尽きると思う。

  • ヤフオクが主戦場ならメルカリやジモティー
  • メルカリならジモティーやフリマ
  • amazonならヤフオク、メルカリ、フリマ、ジモティー
  • 楽天、yahooショップならヤフオク、メルカリなどなど

ゴミにするのは論外。
作業を加えて他へ売り出すのもNG。

自分が主戦場にしているサービスとは異なり、手間が下がるものを選ぶのがコツだ。
新たに撮影したりデータを足したり、そんなことをしても不良在庫は変わらない。

データを流用し、説明文もより簡易、コピペOK、フリマならば適当に並べておしゃべりしながら売るだけ。
本業を圧迫する不良在庫処理は阿呆のやることだと思う。
※より高く売れるならいいが、そんなことはまず有り得ない。

 

物は増やさないのが原則


商品以外はどうするのか?
これは簡単、必要なものであっても簡単に買わない。似たようなもので代用ができるか、数回使ったら後は仕舞われるだけ、そういう物はいったん保留すればよい。

しばらく使っていないものはダンボールにでも突っ込んで、まとまったらリサイクルショップやジモティー、メルカリに出してしまえば良い。

後で使うかも、はまず使わない。
物は少なすぎるくらいがちょうど良い、全体的な量を減らしておけば不要な物も見えやすいしいちいち探す手間も省ける。

 

倉庫や事務所をリスクにしない為の整理整頓のススメ


整然とした場所からは良いアイディアは生まれる。
イライラすることが減るので、ストレスフリー、仕事に集中できるから残業だって減るだろう。

俺は商品を製作しているテーブルがいつも雑然としており、塗料や工具類が置いてあるし仕掛け品も数個は常に有る。
よくコーヒーをこぼして大声で喚きたくなるのを我慢している。

そして倉庫は片付いているとはお世辞にも言えず、売り上げは下がる一方だ。


さて、ここで整理整頓のコツを公開してみたいと思う。
基本的なことなのですぐにできると思う。俺も数ヶ月前まではできていたが、最近はサボりがちだ。

  • 仕事のエリアを区分けし、近くに必要な物品を収納する。
    棚や100均のボックスを利用し、ざらっと物を置かないようにしておくこと。
    作業をしつつ、場所が定まらないものやずーっと使っていないもの、古くて使えないものなどは適切に処理する。

  • 神経質にきっちり詰め込みすぎないこと
    棚やデスク、ラックなどを片付ける際に、スペースをしっかり埋めて整頓しようとすると逆に汚れの原因を作ることになる。
    しまい忘れ、その後の購入など、物が増える場合を全く考慮していないと、結局あぶれる物が出てきてしまう。


大事なのは二つ目、きっちりし過ぎず遊びを作っておけば収納に余裕が生まれる。
これは家の整頓でも同じだと思う。

 

まとめ・整頓された倉庫や事務所は時間と場所に余裕が生まれる


倉庫や事務所の導線が守られていると、自然に作業効率は上がる。
スムーズに事が運ぶから時短にもなる。

そうするとどうなる?


売り上げが上がるのだ。


いつでもスムーズに動け、効率が良くなれば自然に売り上げが上がると言うことは、
場所がリスクでは無くなると言うことだ。

これはお店だってそうだ。
物が多い、棚が少ないからといって適当にしているのはNG。

ドンキは大量の在庫があるが、乱雑ではない。
乱雑なのが魅力とか言う阿呆がいるが勘違いだ。

乱雑だと目的のものが探し辛い、たいていそんな店はバーゲン中だったり安売り店だ。
そこで買ったものって結局あまり使わなかったり、勢いで買ったから気に入らないとかでムダになりがちだ。
そう、安物買いの銭失い。

銭失いばかりがお客になるお店は言い方は悪いが質が低いと判断されがちだ。


ゆっくりと買い物を楽しませるのもお店のブランディングの一つ、目先の欲ばかり追ってしまうと売り上げは下がるのではないだろうか。


リスクを放置することは個人事業主には致命傷になる。
どうしようも無い状態になる前に手を打っておかないと、お互いにね。