しがない!

しがない40代自営業の世迷言

福井県の県立高校入試は英検合格したら加点されるってよ!

平等を良しとする教育者・保護者に鉄槌をくだせ!

 

今日は(今日もだが)朝起きられず9時近くから朝食を作りテレビを見ながらだらだらと過ごしていた。別に休みではないがいつ起きて仕事を始めても良い個人事業主あるあるなのだ。

朝はいつもモーニングショーを見ているのだが、その中のコーナーにショーアップというのがある。今日は福井県の県立高校の入試が取り上げられており、内容は以下のようなものだった。

 

福井県教委は現在の中学2年生が受験する2018年度の県立高一般入試から、英語の学力検査で実用英語技能検定(英検)の取得級に応じて点数を加算する。取得者は最大15点のアドバンテージがあり、合否への影響は小さくない。「試験前から点数をもらえるのはありがたい」「英検は学校で習わない分野。加点は不公平」などと保護者の受け止め方はさまざま。学習塾では英検対策講座を設ける動きも出ている。 

県立高入試、英検の取得級で加点へ 福井、保護者の反応さまざま | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

 

引用は福井新聞オンラインだが、要点は下にまとめてみた。

英語の試験に英検の結果を加点する

3級:5点
準2級:10点
2級:15点

ちなみに上の級を学力レベルにすると以下のとおり。
3級は中卒、準2級は高2、2級は高卒レベルとなり、準2級からは中学の授業だけでは合格不可能だと思われる。

 

コーナー内では街角の意見が流れていたが、概ね好意的に受け入れられているようだった。英語教育に力を入れていこうという試みであるし、努力したものに対して目に見える対価を支払いという点でも良い制度だと思う。

 

反対意見は平等に反するが大半


こういった制度は誰しもが喜ぶものではなく、一部の人間が特をしそうなものでもあるから反対意見はもちろん出てくるだろうし、その意見にも一応の理屈はある。

「英検の勉強をさせるとなると塾に通わせる必要があるが、経済的に余裕が無い」
「学校の勉強以外の部分で差をつけるなんて不平等」
「中学教育のカリキュラムは既にぎっちりで英検対策は学校ではできない」

まあ、そういう意見もでるね、といった印象。

モーニングショーのコメンテーターやアナウンサーの意見でも反対意見は多かった。
長嶋一茂氏は「何で英検だけ?一芸に秀でた生徒にも加点されるならいいけど」(かなり端折っている・憶えていないから)というような内容を言っていたし、全体的には英検だけの加点はおかしい、授業で習わない部分で差をつけるのはどうか、といった反対意見があり賛成意見は無かったと思う。

 

だから駄目なんだよ日本人


確かに英検対策は学校の勉強ではできないものだろう。特に準2級、2級は高校レベルだから現状では塾に通うことになるのかもしれない。

だからといって平等ではない、と反対するのは如何なものか。
だいたい人生において人は平等ではない!
容姿、親の年収、学力、立ち居振る舞い、話の上手さ、顔の迫力、全てにおいて人はそれぞれ違い、平等に生きてはいない。
しかも、社会に出る前、出た後も厳しい競争に晒されているではないか!

平等に競え、というのはスポーツにおいては正しいと思う。
ライト級とヘビー級は同じリングで戦えない。柔道の無差別級は結局でかい奴が勝つ。

だが、学力はどうだろう?
元々かなり平等に競えるものだと思うのだが。


俺自身、高校から大学へは学内推薦で無試験で入っている。入った大学は東北では結構有名な私大なのだが付属高校だと俺のようなアホでも無試験なのだ。だから俺は高校受験までは勉強して良い成績を取っていた、高校からはテニスを頑張りたかったから。


中学で頑張ったから大学へは無試験、これも平等ではない。

一般的に良い大学に入ると良い企業に入社することができる、Fラン大学からは大手企業には入社し辛い。いわゆる学歴フィルターと言うもの。

中小零細企業から有名起業への転職はほぼ無理、職歴差別があるから。

努める会社によって出会える同性、異性の種類が変わる。

有名私立の幼稚園は親の年収も選考に加味される、ブランド力が大事だから。

若いうちから老後に備えて75歳からは妻と設備の整った介護施設に入る。


親はいつまで子供を平等原則に浸からせるのか?
自分たちは競争に負けたのだろう、だから不平等が嫌いになったのだ。
特権にあるものはそれを不平等とは言わない、努力を誇ることはするだろうが。

子供たちに人生は不平等だが、知恵を身につけて正しい努力をすればよい暮らしを手に入れることができると言うことを親は教えるべきだと思うのだが……

 

経済格差での不平等は?


親の年収が低いから子供を塾に通わせられないと言う意見もあった。
それもあるだろうから、対策を考えてみた。

中学校で部活とかクラブ活動にしてしまうのはどうだろう。
英検部、とか英語クラブ、とか。中学で英検2級まで取得することを目的とした課外活動だ。幸い英検には過去問があるから学習すること自体は難しくない。
中学1年から週1回はクラブ活動として参加でき、運動部や他の部活動との掛け持ちも認めよう。
中学2年からは更にレベルを上げ、希望者を対象とした放課後学習を行う。予算を組んで塾講師を招いても良いと思う。

中学生も結構忙しい。
授業に部活、夜は塾、それに加えて英検対策なんてかなりの負担だとは思う。
だが、これからの子供たちはもっと厳しい負担を強いられるのではないかと思う。

今までは特殊技能として認められていたものは、これからの当たり前になる。
技術や科学は進歩し続けるから教育はそれに合わせて形を変えていかなければならない。いつまでも旧態依然とした教育を続けているだけではグローバルスタンダードには合わせられない。


経済格差で差がついてしまうのは確かに問題がある。機会は平等に与えられるべきだから。日本がスラムのあるような国なら経済格差で教育に差がつくのは当たり前のものとして認められるがまだそんな国にはなっていない。これからなるだろうが。

学校として可能な限りサポートをするのは必須だと思う。反対意見はあるだろうが、今ある形を変えることのストレスで言っている教師が大半だろうから無視しても良い。

今ある制度を変えるとき、必ず反対はある。だが、反対を言う人は多分に文学的だ。「負担が増えて勉強ばかり、中学生らしい遊びや社会との関わりが失われてしまう」などという実例も無い根拠も無い反対意見。低レベルだ。

むしろこれからの時代は英語が必須になるだろう。
日本が国際的な競争力をもう一度獲得する為に言葉で差がつかないようにするのは当然で、その為にはできるだけ子供のうちから語学力を高めるのは非常に良いと思う。

そういった社会に参加できる子供たちを増やす為、学校のサポート体制は必要だ。

 

中学生も普通に人と競っているし負けたら悔しいから努力しているよ


俺が中学の頃、成績は良かった。学校では15番以内くらいだが一学年400人程いたので上位であることは間違いない。そんな成績がよくテニス部でも大会で優勝するなどしていた俺だが3年の頃になると期末試験の成績は落ちてきた。
中間は5教科だが、期末は余計な試験があるから科目数が多いのだ。8か9だったと思う。3年にもなると試験に必要な教科意外は要らないので、そういうものは勉強すらしない、そうすると必然的に期末試験は悪くなる。

そうしたある日、同級生から話しかけられた。(多分そんなに仲の良い奴では無い。ただ、印象的だから憶えていただけ)
期末の順位と点数を聞かれたのだ、教えてみるとなんと負けていた。
そいつは非常に喜んでいたと思う。俺は悔しくなかった。

そんなエピソードがあるのだが、中学生は普通に競うし負けたら努力する。
人より頑張ればボーナスがあると言うことが分かればそれを得る為に更に努力する。
中学生くらいだと先の人生と言うよりも良いとこ見せたい、よく思われたい、だと思うが大人とさほど変わらない社会で生きているのだ。

子供のうちは競争させない、なんて大人が描くファンタジーだ。
俺は少なくとも子供の頃から負けたくない奴はいたし勉強するなら上を目指すのは当然、スポーツも大会はいつも優勝を目指していた。

子供を競争させたくない、のではない。
競争させてあげられない自分が恥ずかしいのだ。お金が無いから。
だが、子供が自分のようにならないよう、しっかりとお金をかけてあげて欲しい。

そして、子供は中学生にもなれば大人とそれほど変わらないことを思い出して欲しい。


大人になれば格差があることを隠し、ある日突然本当の社会を見せることこそ不平等。
教育にこそお金を使うべき、親も学校も国も。
今の子供たちは将来の日本の中心を担うのだ。