しがない!

しがない40代自営業の世迷言

2017年8月の総括~仕事・時事ネタ・お金について~いわゆる普通の雑記

2017年8月の総括


8月の仕事

今年は11~20日までの長期間の休業を設定した。その間は出品物が落札されても対応ができないので新規の出品はせず、データとして溜めておくことに。
前々から休業を見越して準備をしていたので、10日には入金のあった商品は全て出荷し無事に休みを迎えることができた。

 仕入れについては、夏の間は品数が揃わず苦労させられる。夏休みがあるからか、そもそも引越しする人が少ないのか、理由は色々だろうがゴミ処理は増えても商品は入荷してこない。そのおかげで毎年8月は売り上げがガクッと落ちてしまう。課題ではあるものの棚上げになっている問題なので仕入先を増やすことで対応していきたいところだ。

売り上げは毎年のとおり悪かったが今年は予想以上、前月の3分の1まで落ち込んだ。
事業口座のキャッシュフローが無ければそれだけで大ピンチを迎えてしまうほどのダメージだ。今年の休業が長くなったのははキャッシュフローに少々の余裕があったからなのだが、それでも9月は相当頑張らないと駄目になった。

貧乏暇無し、キャッシュの無い会社は休業で入金のない日数を減らしたくなる気持ちも良く分かる。ブラック企業の典型、会社にお金が無いから社員を働かせるが残業代は出せないから理屈になっていない謎理論で押し切るようなやつだ。

事業に安定した入金をもたらす為には安定した仕入先が重要となる。
売り先についてはその後の努力であり、ネット、新規開拓営業、店舗、卸しなど様々な方法があるので正直それほど問題ではないと思う。
個人事業主として場所を借りることの利点として一番と言えることは、仕入先の開拓かもしれないと思う。
ネット通販のみの俺だが、卸し売り業者の集まるイベントに参加すると意外に小ロットでの仕入れに対応してくれるところが多い。まあ、ネット販売のみではダメなところもあるのだが、話しをしてみると絶対にダメ、というよりも店舗があれば最適、という印象。口座を開いてしまい、継続的に仕入れをしていけばネットのみでも案外親切に対応してくれると思う。

今後は卸し業者からの買付を増やしていくことが必須だ。利益は落ちるが一点物ではないのでデータさえ作れば継続的な販売が可能だから。

買い付けに関してはこれまで以上に世の中の流行りや大まかな流れを掴むことが重要になってきそうだ。自分が良いと思うものが安定的に売れていく保証はどこにもない。むしろ自分の気持ちを排除してフラットに品物を見ることが大事だろう。そうした判断をした後に自分がこれを好きかどうかを考えればいい。まずは安定した売上をもたらしてくれる品物を掴まなければならない。

 

8月の時事ネタ

●安倍改造内閣の発足
憲法改正を推し進めることに重点を置いていた今までとは違い、地に足をつけた運営をしていこうという内閣にはなったのかな。相変わらず石破氏は内閣に入らない。次の首相を狙っての動きなのは明確だが、内閣の外からいやらしい顔でイヤミをねちねちと言う絵が浮かんで仕方がない。そもそも首相になって何がしたいかが今いち見えてこない人だし、本音を全く言わない印象なので信用ならない。そして顔が悪い、日本の代表になって欲しくない人。
安倍首相はもう少し経済について興味を持って欲しいなあ、と思う。アベノミクスなんて今では化石化している。格差が広がるのは資本主義だし正直仕方ないと思うのだが、そういった人たちのセーフティネットがしっかりと機能しないと未来に期待すら持てない。


●甲子園、仙台育英vs大阪桐蔭のベースランニング問題
育英の選手は日本文理戦でも脚を蹴ったという指摘があったようで。大阪桐蔭戦後は動画でもネットでも問題になっていた。俺が宮城出身なので育英は応援していたのだが、問題の動画は見ていない。まあ、故意にやったのかもしれないし、無我夢中、無意識なのかもしれない。
ただ、自分の中学や高校時代の部活を考えても勝つために正々堂々だったかはちょっと自身が無い。テニスだったから接触プレーは出来ないが、まともに打ち合ったら負ける相手にはドロップショットばかり打ったりプレーのタイミングを遅らせたりということはしていた。まあルール上問題ないしあのプレートは質が全然違うのはもちろん分かっている。

何が言いたいか、若い頃は感情が先に立つのでその場の勢いに任せた動きをしてしまうことはあるんじゃないかと言うこと。
もちろんラフプレーは問題外、怪我をさせないことやトラウマを植えつけるようなことはしないことは重要だ。だが、当事者間でトラブルが無いのなら試合後はノーサイドにしてあげて欲しいものだと思う。涼しい部屋で真剣勝負から逃げた奴が良いとか悪いとか言わないであげて。言うならせめて友だちと居酒屋でどうぞ。


何しろ8月のニュースを忘れている。雨が続いたなあ、東芝が2部に降格したなあ、とか色々あったし国外では北朝鮮がもうストップ出来ない状態になっていることとかトランプはやっぱりアホだったとか。
どんな人間でも根っこはそれほど変わらず思い込みで独善的な行動を取るのは変わらないのだなあと。首相だから、社長だからと言っても極端に善人にはならないし人の為に生きる訳でも無い。己の思想を実現するためにむしろかたくなになる人の方が多いのだろう。

 

8月のお金の話

帰省をすると大学時代の友人と飲んだり、お土産を買ったりと通常よりも出費が増える傾向にある。普段は家と仕事場の往復で、飲むといってもホッピーを数杯くらいでツマミを食べないからお金を使うこともそれほど無い。しかし帰省するとなんだかんだで使うもので、今回は6万程度は使った。

この程度でも結構痛い。何しろ新規で商品を出品するのを10日程度休んでいる状態なので売上はゼロだ。それでも固定費は絶対に掛かる以上、6万も使うと取り返すのが大変。まあ、9月からは年末まで長期の休みもなく通常営業だから取り戻せるのは間違いないのだが。

今後は3ヶ月売上が無くても営業できるくらいの現金を常に持っておけるようより一層ケチにならなければと再認識した。

まとめ

何しろ夏が好きなので本当はもっと遊びたい。
理想はひと月丸々休んで海外旅行、帰省、キャンプ。
それをするためには仕事だけでなく家計の安定も重要だなあと思う。普段の散財をできるだけ我慢し、使いどきにばーっとするくらいのメリハリが欲しいところだ。

年末に向けてしっかりと貯蓄に精を出さねばならない。
普段からお金を使う人は小金持ち、メリハリを持つのが大金持ち。
お金の無い状態でも生活態度、マインドは大金持ちでなければ変わることはできないのかもしれない。

理想の生活を実現するために仕事や利益、お金にこだわるのは正しい姿と信じるしかないのだ。