しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

もういい加減安売りは止めないか?

小売店が安売りをする意味は無いんだ


リユース品を仕入れて売っている俺は主戦場がヤフオクだ。もう10年にもなる。その間、平均の販売価格は右肩下がりを続けている。今、なんとか生活できるお金は稼いでいるものの、あと数年続けられるかどうかの状態だ。

なにしろ売値が安い! 商品価値が低いんだろうと言われればそれまでだが、にしても安い。中古相場(リサイクルショップの売価)が25000円のギターがあるとすると、ヤフオクでは15000~18000円。10000円程度は違いが出てきてしまう。

 

送料を考慮に入れた根付けが当然のように行われるという問題


ネットで物を買う場合、送料は気になるのは間違いない。購入者がそれを考慮に入れるのは間違いではない。だが、本音としてはそれなら近くのお店で探してみろ、と言いたくなる。ネットで探すということは近くには無いということ。送料は物の値段とは関係なく輸送に関して掛かるものだ。自分の欲しいものを家まで届けてもらう金額を商品代金の考慮に含めるのはちょっと違和感がある。しかも販売側がそれを考慮するなんて論外だ。

 

素人化するプロ・いわゆる業者たち


ネットと店舗で販売価格が大きく異なる理由のもう一つ、これが一番の問題だが、素人の価格にプロが引っ張られるということ。オークションに限らずネット販売の価格はオークファンで調べることができる。有料会員になると10年までさかのぼって価格調査が可能だ。品物を購入する人で、周到な人はそれを使って最も安い金額を知ることができる。しかもその商品が販売されている場合直接そのページに飛んで購入することもできてしまう。

素人が品物を販売する場合、それが高いならまだいい。問題は自分にとってどうでもいいと思ったものは適当に売ってしまうことだ。つまり品物の相場を壊してしまうのだ。本来は2000円の価値があるものを素人は1円スタートで100円などの価格で売ってしまう。プロもそれに引っ張られて1円スタートとか100円スタートとかやってしまう。

 

その仕事を誰にやらせるんだ?


はっきり言えば素人の安売りに引っ張られて品物を捨て値で売ってしまうプロはネットでそれを売らなければいい。プロ、つまり業者が1円、100円で品物を販売する意味なんてあるのか? どんな価格でも売る以上は汚れを落とすなどのメンテナンスが必要だ。写真を撮ったりネットにアップしたりもする。売れたら梱包もしなければならない。売れた商品が100円でもだ。

それになんの意味がある?
人を雇っている場合、時給幾らの人にその作業をやらせる?
もちろん1時間かかる作業ではない、だが、人を雇う以上その時間の作業量と仕事の評価額を最大化しなければならない。

100円商品の梱包を10件やらせるよりは、5000円の商品を10件やらせたほうが雇用側の利益は最大化される。せっかくの品物を利益も出ない価格で売って人件費を掛けるなんて間違っていると思わないのか?

 

プロのプライドってなんだ?


そもそも、安売り問題の根っこは素人には無い。彼らは不用品を処分したいだけ。買い換えて不要になったストーブは安くてもいいから売ってしまいたいのだ。なんら間違いは無い。

問題はプロ・業者が素人化していることだ。これは有名な話だから多くの人が知っていると思うがBookoffの買取システム。あそこは持ち込まれた本は年代と状態だけで査定する。レアな本であっても古い場合は買取値が付かない。こちらで処分となります、なんて言われる。安く買い取った本はそのまま安値で売られた、そこを素人せどらーに付け込まれてお店の秩序が乱れた訳だ。

Bookoffシステムは今、リサイクル店にも取り入れられている。なんの知識もない店員が状態と年式だけで書品を査定、参考にするのはオークファン。もともと崩れた相場を参考にしているから査定価格もどんどん下がる。

査定が下がりすぎると不用品を売って幾らかのお金を得たい人は自分で売ったほうがいいやとなり、せっかくだから格安でスタートしてみようなんてことになる。そうやって相場の崩れは止めどないものとなったのだ。

プロがプロらしく、プライドを持って商品を買い取り、適正価格で販売することができていたなら今の状態もそれほど酷いものではなかったと思う。プライドを捨てて効率に走ったプロが相場の崩壊を作り出し、自分たちの首を絞める結果になったのだ。

 

人を育てることだけが業界を健全化させる


どうすればこの悪い流れを断ち切れるのか?

答えは一つ、人を育てることだ。誰もが最初は素人。俺もそうだった。だが、誰かが作った相場に左右されるのは間違いだと思ったから自分が思う適正価格で品物を販売しようと思った。商品価値を上げるという作業をしたのだ。

商品価値を上げる、仕入れた商品はキレイに磨く、修理できる部分はする、動作の確認をきっちりと行う。問題があれば明記し安易にジャンク、動作保証なしに逃げない。この価格で売るのだ、という根拠を作り出し、手間を掛けたなら安易に安売りはできないのだ。

完全に壊れているが販売は可能、という場合はもちろん動作保証なしとする。要は仕入れた商品をできるだけ高く販売する努力を惜しまない、ということだ。

効率が下がる?だから教えるのだ。最初はメンテナンスや動作確認に手間取り作業は遅々として進まないかもしれない。だが、そこで培った知識と技術はお店の利益となって戻るだろう。効率を追い求めて安売りを繰り返すか、人を育ててより大きな利益を得ようとするか、どちらが健全に見えるのかは明白だと思うが。

 

人は欲しいものを買うのだ


俺はほかの人よりも高く品物を出品している。売れないものも多い。だが、売り続けていれば必ず捌ける。幾らかの値下げはしても100円なんかでは売らない。

リサイクル品は特にそうなのだが、自分が欲しいものを見つけるのは意外に難しい。新品のように在庫が豊富ではないから今買わなければ次に出会えるかも分からない。ニッチな商品は検索する人も少ないから売れるスピードは遅い。かと言って値下げをしたところですぐに売れるとは限らないし。要は欲しい人にちゃんと届けることができればいいということだ。

ヤフオクだけでなく独自のECサイトを運営してもいい、ショッピングサイトに出してみてもいい。ヤフオクを利用する人はそこばかりだし、楽天と決めている人はそこだけだ。販売チャンネルを増やすことでより多くの人に商品をアピールすることが可能だ。

人を雇って安い商品を売るための作業をさせ、お金を払うよりも販売チャンネルを増やすことにお金を掛けるほうが建設的だ。

適切なチャンネルで適切に販売をすることで安売りはある程度防げるはず。
もちろん目利きを磨いて売れない商品は仕入れない、という判断もできるようにならなければダメだ。

ネット通販がこれほどまでに成長した今、買い物をする人たちはかなりの知識を持っている。おそらく手に入る知識量はプロとそれほど変わらないレベルまで来ているはずだ。悪い言い方になるがどうやって知識を持った人たちを出し抜くか、がポイントになる。その為の技術、知識、何よりも経験値が重要だ。


人はどうしても欲しい物は最終的に高くても買うものだ。
重要なのは買う人たちに根拠を与えることだと思う。このサイトは情報が充実しているから安心、画像で見た限りキレイに掃除されていそう、修理してから販売している、などの根拠があれば適正な価格で販売することは十分に可能なのだ。


安易な安売りはもう止めよう。
仕事の価値は下がるし利益も出ないしでいいことはまるで無いんだから。