しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

PENYAの課題に落ちたことでブログやクラウドで書くことの意識を変えたいと思った

PENYAのライター登録の為の課題に落ちてしまった

最近、自分の本業に限界を感じ始めたので、別の可能性を探るためにライターの募集をしているPENYAに仮登録をしてみた。登録後、課題の提出を求められたので提出をしたのだが、タイトル通りの結果となった。

自分なりに構成を考え、文章表現にも気をつけたつもりだった。だが、基本的な文章力や見出し・構成、言葉遣いなどが求められるレベルに達していなかった。1か月後に再チャレンジは可能とのことなので、また挑戦してみようと思う。それまでに今回の結果で得られた自分に不足している物を磨いていかなければならない。

 

課題に落ちた理由

今日届いたメールには、フィードバックがあった。

【良い点】
ユニークな発想で書いている

【悪い点】
構成のバランスが悪い
文章面で不安な点がある
タイトルや見出しがわかりにくい


基本的な技術が足りないということが一目で理解できる内容だ。救いがあるとすれば、発想がユニークであると評価された点だ。着眼点や発想というものは訓練してもなかなか身につかないものだ。文章力はあるが発想がありきたり、と言われてしまうと辛い。発想はどうやって磨くのかが分かりにくいからだ。

そういう意味でも技術力の低さが原因であることは自分にとって救いだ。特に足りないものは基本的な文章力、Webライティングの基礎(見出しの作り方)ということが分かった。それだけでも今回の課題にチャレンジした意味があると思う。

 

ブログやクラウドで記事を書いてもライターとしての技術は磨けない

結果が分かる前、自分としてはそれなりに自信があった。元々書くことは好きだったし、ブログやクラウドで記事を書いている。だから基本的な技術はそれなりにあると思っていた。だが、結果としてそれは何の役にも立たなかった。恐らく自分の取り組み方、考え方に問題があったのだろう。

独りよがりのブログではライティングの能力は上がらない

ブログを更新しても、それだけでライティング能力が上がる訳ではない。大事な視点が抜けているからだ。それは、「他人に読ませる物だという視点」または「誰に伝えたいのか」ということだ。それが抜けていると、書く文章は独善的になってしまい、誰にも伝わらない。

このブログはあくまで自分の思ったことを適当に書いているので、「誰かが読む」、「誰かに伝える」という意識が欠如していた。ブログを書いている以上、誰かに向けていることは間違いないのだから、伝えることに力を入れるべきだったのだ。

伝えたいテーマを考えず、ノープランで書き進めていたので、途中で思わぬ方向に進んでしまったり、簡潔にまとめられなくなったりしていた。その結果、何を伝えたいのかが分かりにくい文章になってしまったのだと思う。今後の課題は、誰かに読んで貰うことや自分が伝えたいことを簡潔にまとめる努力をすることだ。

クラウドで記事を書いていてもライターにはなれない

クラウドワークスやランサーズなど、案件単価は安くても記事でお金を稼ぐことはできる。自分もそうやって少ないながらお金を得ていたし、今も1件だけ契約している。

今回の結果で感じたが、そういったサイトで数多く記事を書いたところでライターに必要な技術は磨けない。その理由は2つある。

  1. クラウドで文章の訂正を求められたことがない
  2. 記事を書く際のルールが文章力の向上を妨げる

あくまでも私見なので別の見方もできると思う。しかし、今回の課題と普段の記事とでは求められることが全く異なっていた。課題に挑戦しなければ上記2つは考えもしなかったものだ。以下より理由を説明する。

まず、理由1について。
クラウドの記事ははっきり言って読めればいい、というレベルしか求められていない。前に自分が書いた記事がどれ程のPVなのか確認する為、登録したサイトを見たことがある。そこで他の人が書いた記事を読んだが、「~である」と「~です」が混在していた。文書を書くのに文末形式を統一することは基本中の基本だ。それすら問題なくアップされてしまうのだから、ライターとしての能力が上がるはずはない。

理由2について。
クラウドの記事は、PVを集めるために必須キーワードを決められた数使用するルールがある。契約する案件によって異なると思うが、自分が契約した物はほとんど必須キーワードの使用が求められた。しかも、必須キーワードは一つではない。具体的に以下のような物だ。

  • タイトルに含まれるキーワードが3~5個
  • サジェストキーワードが10~20個

上記のキーワードを見出しや文章に必要な数使用しなければならない。見出しであれば問題無く使用できる。ところが文章に入れる場合は問題がある。

普通、同じキーワードを一つの文章で何度も使用することは無い。しかし、キーワードについてのルールがある場合、最優先にするのは文章の読みやすさでは無い。できるだけ多くキーワードを使用することが最優先となる。それを意識することによって文章は崩れてしまう。結果として、ライティングの能力は上がるより、むしろ下がってしまう。これがクラウドからライターになれないと考える理由だ。

 

ライターとして稼ぎたいなら、ブログやクラウドの記事から読まれることを意識するべき

今まで、ブログやクラウドで文章を書いていたが、それだけではライターになれないことははっきりした。今後は意識改革を行い、文章力や構成、読みやすさなどに注意していく必要がある。

現在、ブログやクラウドで書いている人の中に、自分と同じくライターとして稼ぎたいと考えている人は多いと思う。そういう人は一度、自分の書いた文章を読み返してみて欲しい。文章を書いた直後に推敲はしているとしても、時間を置いてみると違った視点で読むことができる。分かりづらい表現をしていたり、余分な言葉が入っていたりと問題点が見つかるはずだ。

ライターとしてお金を稼ぐのは、プロになるということだ。たくさんの人が読むことを常に意識しながら書かなければならない。それは、プロになっていない今でも努力することができる。ちょっと書けるくらいでは、箸にも棒にも掛からぬレベルであることが、今回の件で痛いほど理解できた。

ただの趣味として書くのであれば、どんな文章でも問題は無い。しかし、少しでもお金を稼ぎたいのなら読者を意識するべきだ。クラウドはクライアントから求められる物が多く、ルールに縛られがちだ。だが、その中でも文章に気をつけて読みやすい物を書くことは可能だ。

ライターとして稼ぐため、自分がしなければならいないのは意識を変えること。今まで意識していなかったのが恥ずかしいレベルの内容だ。だが、成長をするためには必要な以上、今回感じた反省点を念頭に日々のライティングをしていきたいと思う。