しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

ある意味見どころの多かった日本ーポーランド戦

ポーランド戦終盤での日本のゲームメイクに対しての批判噴出案件

 

昨日の試合はある意味観てよかった。

後半40分前後から、日本は中盤~ディフェンスラインあたりでパスを回し、時間を使い始めた。ポーランドも1点リードしていることもあり、それを追うことなく時間が過ぎていく。観客からはブーイングが、という内容。

 

批判されて当たり前の試合運びであり、日本代表に期待していた人たちも落胆、失望したことだろう。コロンビアが1点リードしており、ここまま終わればセネガルが予選敗退するからこその戦略。西野監督もチームとして決勝トーナメント進出のために取ったものだと言っていた。

 

ただ、この戦略は前提条件に無理がある。

コロンビアーセネガル戦がこのまま終われば、という不確定要素に頼っている。仮にセネガルが同点にした場合は日本敗退で終了。相手の結果により自分たちの今後が決まるというのはいただけない。

しかも、試合終盤、パス回しで時間を使い、攻めに対してのスイッチを切っている日本が、セネガルが同点にしたことを知った後、あらためて点を取りに行けるのか?

答えは否、だろう。

そもそもポーランドは3連敗はしたくないわけだから、死に物狂いで守るだろうし、望まないプレーを強いられた日本の選手たちは気持ちが切れている可能性だってある。

勇気のある決断、と賞賛する向きもあるかもしれないが、リスクマネジメントができないから、相手の結果に自分たちの命運を預けてしまっただけに見える。

なぜそんな不確定要素に頼った戦略を取ったのか?


2つほど想像できる。

  • メンバーを大幅に入れ替えたことによる弊害
  • 後半開始直後の岡崎の負傷交代による交代枠の使用

 

前2戦ではリズムのいいパス回しや攻撃の形ができていたが、ポーランド戦ではそれが見られなかった。前線は武藤、岡崎だったが、そこにいい形でパスが入らない。宇佐美が積極的にペナルティエリアにドリブルで仕掛けていくということもほとんどなかった。

香川が前線でパスをさばくことで乾や大迫をうまく使えていたが、この試合ではゲームメイクが柴崎に偏りすぎていた。そもそも前線がパスの受け手ばかりだし、積極的に仕掛けるドリブラーもいない状態、柴崎に対するチェックはそれほど厳しくはなかったが、下がり目のポジション取りをしていたのでチャンスメイクができるほどではない。

前半はそんな感じでいいところなく過ぎていった。引き分けでも決勝トーナメント進出とはいえ、後半には点を取りに行く必要がある。だが、それも岡崎の負傷で歯車が狂った感がある。

変わったのが大迫だが、むしろ本田や香川と言った選手を入れるべきだったと思う。柴崎の負担が大きく、ゲームが膠着しているのだから、局面を変えられる経験のある選手、ドリブルもパスもできるどちらかが入るべきだった。

そして14分の失点。これは不用意なファウルからから生まれている。この辺は仕方ない部分があるにせよ、日本の攻撃リズムが良くないことからポーランドに押し込まれる時間帯を作ったことも原因の一つだ。

問題は失点後の交代、宇佐美に代えて乾。確かに乾はいいと思うが、どうやって点を取りに行くのかが見えない交代に感じた。相変わらずパスの出所はなく、ドリブルでの仕掛けもない。乾を出して何をしたかったのかがいまいち分からない。

せめて岡崎の代わりに本田、香川どちらかが入っていれば乾への交代も活きたとは思うんだけど……

結局のところ、メンバーを6人も変えたことで、交代枠を使い切っても良い形ができていたフォーメーションに戻せない状態を作っていただけじゃないかと思う。何を思って6人を変えたのかは分からないが、勝たなければいけない試合でするバクチじゃないはずだ。

岡崎にしても、コンディションが良くないことは合宿で分かっていた。あそこで変えることもできたはずなのに、結果的に変えずにリスクを背負っている。浅野と入れ替え手もよかったはず。

 

リスクマネジメントができない西野監督は名将じゃない


西野監督はマイアミの奇跡で有名だが、それだって結局予選リーグ敗退だ。今回の件で分かったが、状況判断に優れているわけでもないし、リスクマネジメントが下手くそだ。

 

  • 岡崎を残したこと、3戦目に先発で使ったこと。
  • セネガル戦の結果が確定していない状況で、負けるだろう、という不確実なことに頼った戦略を取ったこと。
  • 選手交代で、点を取りに行く姿勢が見えなかったこと。
  • 大事な3戦目で、経験のない選手を大量に起用したこと。
  • 川島を使い続けていること。


決断のできない監督は名将と言わないと思うのだが……

あの戦略も、前述したとおり自分たち以外に結果を預ける愚策だ。セネガルが負ける確率が高いとはいえ、褒められたものじゃない。


西野監督がリスクマネジメントに長けていたら、点を取りに行く姿勢を見せる交代、守りを固める交代と方向性が見えたと思う。なんとなく大迫、なんとなく乾に見えた、俺には。

川島を代えないこともそうだ、難しいと言うが使い続ける方が高リスクだ。代えるというリスクを取れない西野監督の姿勢が見える。

リスクマネジメントは、回避じゃなく、リスクを管理しようというものだ。西野監督は回避はするかもしれないが、管理は全くできていないと思う。

 

ベルギー戦はせめていい試合をしてほしい


前に書いたが、別に日本代表は応援してない。ただ、サッカー好きとしていい試合が見たいだけだ。

ベルギー戦は引き分けがないトーナメントだ、自分たちの責任においてリスクを取って攻める姿勢くらいは見せてほしいものだ。じゃないとセネガルに失礼だ。あれほどの醜態をさらし、批判を浴びたわけだし今さら失うものなんてないし。

午前3時にキックオフらしい。
観ると思うが次の日の仕事が辛そうだなあ……