しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

借金をするのは止めておこう・個人事業主の備忘録 7月24日

7月24日、今日も暑い一日であった。

自宅でもエアコン、倉庫でもエアコン、電気代ばかりが掛かる嫌な季節だ。本来は好きな季節が夏で、それ以外は同率4位なくらい夏好きな俺であったが暑すぎるのは勘弁して欲しい。

食材も傷みやすい季節なので、家の料理担当としてはかなり注意が必要だ。先週ピーマンの肉詰めを居酒屋メニューで出したのだが、あまりの肉だねは2日後に完全に酸っぱい匂いを発する食べ物トは言えない物体になっていた。

まあ、暑い暑いと愚痴っていても気温は一度も下がらない。慣れることはなさそうだが、なんとかやっていくほかない。ヒートアイランドとか地球温暖化とか、そんなものでは無く、人間では分からないなにかがあるのかもしれない。その原因が人間である可能性は高いだろうけど。

最近はヤフオクの売れ行きが全然で、7月の売り上げは損益分岐点のはるか下である。ここ半年以上、そんな感じなので対策を取らない自分に責任があるのは分かっているのだがそう簡単にいかないのも現状だ。

2年ほど前からこのままではヤバい、というのは感じていながらも根本的な対策をしていないツケが回ってきたと言うことだろう。会社がヤバいと言うのも大事だが、個人事業主がヤバい、と言うのは人生に直結してしまう。再就職するにしろ個人事業期間をどのように捉えるかは相手次第だし、40を越えて再就職は結構ブラック臭が漂う。

個人事業主が資金ショートが原因で破綻する時は、年齢にもよるが人生にクリティカルダメージを与える一発だ。俺のように倉庫を借りていたりと何かしら物件を借りる人もいるだろう。物販なら在庫を抱えているし、仕事に関連する機材なんかも年々多くなる。

リアルに考えると、俺が今個人事業を廃業するにしても、かなりのお金が掛かってしまうことが分かる。商品売り切って、または捨てて止めちゃえば?と言われることもあるが、それは個人事業を分からない雇われ人の意見だ。何年も仕事をしていると、澱のように溜まった様々なものが仕事場にある。それを一気に処分するだけで、産業廃棄物処理の費用がかさんでしまう。

そして、商品を売り切ってしまう、これも難しい。そもそも簡単に売り切ってしまえるなら廃業に追い込まれないのだ。何らかの原因で売れない商品は存在する。仕入れが高くて値下げしづらいとか、ニーズが薄いとか、その他何らかの要因で不良在庫になる商品はどうしても出てくる。

仕事の道具と家具類、商品を一気に処分するとしたら、仕事を立ち上げる位のお金が掛かると考えた方がいい。それほどに個人事業、特に物販を始めるのは難しい。俺が物販だから余計に感じるのかもしれないが、自宅で完結する仕事であれば廃業の危機に陥ることも少ないのではないだろうか?

俺はもう、ヤフオクの立て直しで仕事を続ける気は無くなってしまった。波のある仕事で一喜一憂するのも疲れたし、自分が止まれば売り上げも止まるような仕事はもう難しくなってきた。40を越えて体力や集中力の衰えも感じる、上の人から言わせればまだまだ若いのかもしれないが、それはあくまでも他人の感覚であり俺の感覚とは異なる。多分その人だって俺の年代には同じ事を言っていたのだろうよ。

暑いからか、ハイボールのせいか愚痴っぽくなってしまった。
せめてブログを更新するという作業をサボっていないことだけ評価して今日は終わろう。


今日の作業

  • 売れた品物の梱包作業
  • 商品撮影 5点
  • 撮影した商品の出品作業 5点
  • クラウドワークスで応募したライティングのテストを執筆、提出
  • 倉庫に引き取りに来たお客さんの対応
  • 水曜日に営業する居酒屋の買い出し

今日はクラウドのライティングに時間が掛かり、たいした成果は無かった。まあ、単価の高い仕事だから、本採用になれば少しは稼げるようになりそうだ。今月中に少しでも仕入れをしないと8月前半の売り上げがより壊滅的になりそうだから、仕込んでいる商品が売れてくれることを祈ろう。


今日思ったこと

俺が個人事業を廃業できない最大の理由は、政策金融公庫の借金。総額は300万。もしも廃業して月々20万程度の手取りで仕事をしたとすると、あっという間に生活が破綻する。それ以上の手取りを狙うには、俺の知識や経験では難しい。

借金が自分の首を絞めているわけだ。もしも借金が無かったら、俺は2年前には今の仕事を止めているだろう。

個人事業主が借金(借り入れ)をするのがダメだとは言わないが、理由がはっきりとしていなければやめておいた方がいい。運転資金なら絶対にダメ!仕入れのためでもダメ!自分の実力を越えた部分でお金を借りてはいけないと痛感している。

運転資金がないのは論外、そもそもその時点で資金ショートしている事を理解し、廃業すべきだ。その方が傷が浅くて済む。借り入れて一息ついても、根本治療をしない限り同じ危機が訪れる。

人間は怖いもので、ちゃんと対策するんだと決意しても、お金が入ると油断するのだ。そもそも対策ができる、考えられる人なら運転資金ショートなんて初歩的なミスはしないはずだろうが。

仕入れもダメ、これを買えば売り上げがバーンと上がるから、なんて考えているのかもしれないが、今それを買えないのは実力不足が理由だ。借り入れて買ったとしてもイメージ通りの結果は得られない。

運転資金にしろ、仕入れにしろ、自分の実力を越えた部分で勝負したいから借金に頼るのは悪手でしかない。

スモールビジネスで始められない事業は、大きな破綻リスクをはらんでいる。
自分はできると言う思い込みだけでは結果は出ないのだ。世の中そんなに甘くない。

まずは5年無借金で頑張ってみて欲しい。
仕事の浮き沈みなどの経験をすれば、お金の流れも掴めるようになるはずだ。


俺はもう失敗した人間。
リカバリーのために遠回りを余儀なくされている。
人生は短い、借金を楽しむ暇があるならもっと豊かな楽しみが欲しい。

後悔先に立たずとはよく言ったものだね。
せめてブログだけは続けてみようかな。なにかが生まれるかもしれないしね。