しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

個人事業主のSNS活用について・個人事業主の備忘録 7月27日

仕事の分散を考える一日

 

7月27日、相変わらず商品の売れ行きは悪く、通常業務はほとんどなし。

8月頭には2ヶ月行っていない仕入れ先に行くべきだろう。流れを変えるには仕入れしかない。いくらヤフオクでのリユース品販売を止めようと決意していても、急に止めては収入が途絶える。

ベーシックインカムくらいはヤフオクで稼げれば御の字くらいで今後は活動すると思うけれども。

対策として、クラウドワークスでライティング案件に7件ほど応募した。まだ2件から返事があっただけで、他は反応なし。単価の高い仕事に絞って応募したから、レベルの高い人が多かったのだろう。

実績がないだけにライバルの多い案件は返事すらもらえないことが多い。ブログを書いていようが関係ない。むしろブログとクラウドのライティングは根本的に違うものだから、プラスにはならない。

ある程度数を書いていることで、書きたいことをまとめたり、文章の流れを意識することができるくらいのアドバンテージはあると思うが、リライトのライターさんはそんなの関係なく早く書ける。

何しろ文章の質よりも、元の文章をオリジナルっぽく加工するだけだから、コツさえ掴めば5000字なら1時間くらいで書けるだろう。むしろ面倒なのは文章を書くための素材集めだ。

いずれにしてもクラウドで月20万を目標にやってみようと思う。
日報的に使っているこのブログで売り上げを書いていくのも面白いかもしれない。

止まったら死ぬ仕事なのはクラウドも同じだが、手を動かせば基本的にお金になるのは気が楽だ。ヤフオクの場合、手を動かしても買われなければ無駄に終わってしまうし。


今後の仕事、稼ぎ方のポートフォリオをまとめてみよう。

  1. ヤフオクリユース品販売 月30~50万
  2. クラウドワークスのライティング 月20万
  3. 古着革靴のネット販売 月5万
  4. 靴磨き 月5万
  5. 何でも屋 月5万

ちなみに3から下は実現可能性がまだ低い。古着革靴のネット販売はBASEショップを立ち上げ、インスタと連携し宣伝をしている。靴磨きは周りの人たちに営業をしつつ、大口の仕事に繋げようとしている。何でも屋は構想段階、これをやってしまうのは自分としては嫌だなと感じているから、多分やらないだろう。

4までを実現できれば、60~80万程度の売り上げは確保できる。ライティングと靴磨きはほとんど手出しがないから、これをもう少し大きくするイメージで。

いろいろな仕事に手を付けられるのは個人事業の楽しみだから、これからは意欲的に動いて人生を楽しみたいと思う。

今日の思いつき

 

個人事業主SNSを活用するならどうすべきか

 

自分自身、まだSNSの活用は勉強中だが、色々とリサーチして思ったことをまとめる。
まずは自分のSNS活用状況を見てもらおう。

  • Instagram 個人用と革靴販売と靴磨き用アカウント
  • ブログ 個人事業関連で幅広く書いている
  • twitter ブログと連携
  • Facebook 革靴販売と靴磨き用 更新していないがリユース関係

ブログはSNSではないが、個人事業主が仕事に活用すべきツールなので同列に語りたい。

 

詳しい内訳

Instagramは、革靴の画像をアップすると、BASEとの紐付けがされる。Instagramの画像をタップするとBASEに飛べるので、購買へと繋がる可能性もある。まあ、Instagramの性質上、商品の購買には繋がりにくそうなので、カタログ的な役割として利用している。

靴磨きの経過や結果もアップし、説明文は長くなりすぎないように書いているので、自分の人となりも伝えるようにもしている。

ブログはけっこう自由に書いている。昔は理屈っぽいことを書こうと努力していたから、更新が全然できなかった。そもそもアカデミックに解説するなんてアタマは無いんだから、今みたいに適当に書けばよかったと反省中。

Twitterはブログの更新を宣伝する意味で活用、仕事関連の呟きもしているが、開設して数日だし、フォロワーもフォローもゼロ。もっと自分から絡まなければと思うが、SNS活用に抵抗があるから慣れが必要だ。

 

余談

余談だが、SNSの活用にはちょっと思うところがある。40代とかその上世代のSNSの活用についてだ。若い頃にSNSが無かった世代は、SNS上の絡み方や投稿の仕方がちょっと嫌な感じがする。嫌な感じ、というのも違うのだが、うまく言い表せない。

最近自分の仕入れた古着や革靴の撮影をするのにモデルを使いたいと思い、フリーモデルのアカウントを覗いたりする。男なら自分で着ればいいから女性を見るが、明らかにおっさんが若い女の子に絡むのをよく観る。

それがちょっと気持ち悪い。
下心が透けて見えるといえばいいのか、ちょっとまだ言葉にならないが、そんな感じだ。嫌われるおっさんの典型、みたいなことをSNSでやる感じ。

若い人みたいなスマートさが無い。
※若い人にももちろん気持ち悪い奴はいるし、上世代にもスマートな人はいる。

話がそれたが、個人事業主SNSを活用するなら、ある程度のルールは必要かと思う。

 

 

SNSを活用するのに自分が思うルール的なもの

余計なリスクを避けるために、個人事業主SNSを活用するために守りたいルールを考えてみた。あくまでも個人的な考えだが、芸能人の炎上騒ぎを見て思ったことも含まれている。

俺が考えたSNS活用ルール

  • 公私を分ける
  • インスタでは売り上げや仕事を取るのに必死にならない
  • Twitterを個人の考えや主張を発表する場やどうでもいい呟きの場にしない
  • ブログは宣伝だけの短いものにせず、読む人の身になる内容も盛り込む
  • ポエムとか熱い想いをアップしない

ひとまずこんな感じだ。
FacebookにしろTwitterにしろ、個人アカウントが持てるSNSは、仕事と完全に分けた方がいいと思う。政治的なこと、芸能人の炎上騒ぎ、お店の店員へのクレームとか、ごくごく個人的なことで、しかも他人の反感を買いやすい内容のものは個人アカウントでやればいい。

仕事のアカウントは完全に分け、反感を買うようなリスクは避けておきたい。

Instagramは、集客ツールというよりもファンを増やす目的にしたい。売りたい、サービスを利用して欲しいというガツガツさとは相性が悪いように見える。

ブログは個人事業主には必須のツールだ。
狭い範囲で仕事をしがちになるだけに、幅広い人と交流できるブログは魅力的。仕事に繋がるかもしれないだけでなく、同じ方向の仲間も見つかるかもしれない。

内にこもりがちな個人事業主にとって、仲間やファンは大きな力になる。どんなSNSを活用するにせよ、その性質を理解することが一番大事だ。

個人的なことを書いたことで、仕事をお願いしようとした人に反感を買えば損じゃないだろうか?

今後も研究していこうと思う課題である。