しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

不動産・株・FX・etc 貧乏人に手を出せる代物じゃない・個人事業主の備忘録 7月31日~8月2日

7月31日~8月2日

気づけば7月も終わり。今年も後半戦になり、立てた目標は達成できないままうやむやになってしまいそうだ。

 

今年はなんとか新しい仕事や仕入先を開拓したかったのだが、あと半年程度でやれるのかなと。まあ、出会いは偶然だから、狙っていない時にふと出会うことだってあるだろう。期待したい。


靴磨きしたり、週1の居酒屋営業始めたりと去年とは違う行動をしているから、来年には何かしら形になればいいと思う。何しろ仕事を変えるとか、人生を変えるなんて一朝一夕でできることじゃないから。

動き始めは、なかなか結果も出ないからついつい余計なことをしがちだが、腰を据えて動くほか無い。

 

今年の裏目

 今年は仕事関連で新しいことを始めて、今後のベースを作ろうと思っているが、その他には個人的な資産形成もベース作りをするつもりだった。老後資金の確保のため、投資信託はやっている。楽天銀行を開設し、毎月積み立てているのだ。FPさんのアドバイスは貰ったが、ポートフォリオは自分たちで考えなければならないので難しい部分はあった。※FPは具体的な投資アドバイスができない

 

今年はその投資信託以外にプラスして、自分の資産形成を始めてみようと思った。長期的には投資信託、中長期的には株やFXかなと。仮想通貨は価格も安定しないし、現状では高騰しているので手を出しづらい。買ってみようかなと考えていた頃、ビットコインはかなり安かったが現状でこれ以上上がるものかと不安だ。ビットコイン以外の仮想通貨にしても価格の変動が大きすぎて、いつ手をだすのかでだいぶ結果が異なりそうだ。ああ、安い時にビットコイン買っておけばよかった。

 

仮想通貨の買いそびれで思い知ったが、俺は短期のトレードには向かない。買い時を誤ってしまう可能性が高いと思われる。十分な知識がないからだろうが、判断力に不安がある。

 

まあ、株やFX、仮想通貨全般に向いていないと思うのだが。理屈として理解できない限り動けないのが悪い癖で、見切り発車ができない。投資案件で、リスクを高めに設定するもの、どちらかと言えば投機と言われるものは、十分な知識があることがベストだ。だが、成功した全員がちゃんとした知識を身につけるまで勉強したとも思えない。

 

見切り発車で失敗もしながら軌道修正したのだと思う。そういうことは俺にはできそうもない。

 

投資に向かない自分が損か得かはわからないけど

今の時代、投資案件は数多く情報発信されている。不況だし、副業とか資産形成が当たり前になるつつある時代だから、当然のことだと思うが。そういう案件は、ちょっと問題があって、ちゃんと前提を理解しないと必要のない失敗をすることになってしまう。

多くの投資案件は、まるで今の貧乏を解決してくれるかのように描かれている。それに影響される人は多い。多くは現状でも貧乏で、お金に困っている人だと思う。鴨が葱を背負って来る、というのを地で行く感じだ。

 

ただ、そのほとんどが入り口で挫折する。FXや仮想通貨、株などの金融資産は、レバレッジが無い限り自分の現金が運用の上限となる。と言うことは、現金がない人間はレバレッジを掛けない限り差益の恩恵を受けることができない。

 

株は最低でも100万と言われるし、FXも同じだ。元手があればあるだけ、レバレッジの恩恵を受けられる。しかも、ハイレバレッジにする必要がなくなるので、ある程度リスクは押さえられる。要はレバレッジの危険性をできるだけ低くするために元手は多い方がいいと言うことだ。

 

俺は結局のところ、現状で貧乏だ。目先のお金に左右される。将来のことを考えるよりも今のお金を増やすことしか考えられない。そういう人間がFXや仮想通貨に手を出すのは危険すぎる。

 

お金のない人間は、気持ちに余裕がなくなりがちだ。元手が減ることは恐怖だし、それが生活に直結しているのでリスクも高すぎる。ハイリスクの投資をするには、元手は余裕資金じゃないとダメだ。投資信託とか、長期的に株を買い増すとか、低リスクの投資案件なら貯蓄のつもりでやるべきだと思うが。

 

余裕資金を確保するには、お金の流れを掴むことから始めるべきだ。自分がどんなに無駄なお金の使いかたをしているかを思い知り、改善しなければ資金なんて貯まらない。よく言う、出費を減らすというやつだ。

 

稼げばいいじゃん、という人も多いが、稼ぐそばからじゃぶじゃぶ使っていたら貯まることは無い。稼ぎを劇的に変えることも難しい、それこそ投資で成功するくらい努力が必要だ。会社員ならなおさら、急に収入を上げるのは不可能に近い。

 

ただ、会社員の場合はベーシックインカムが給料になるから、資金を作るために副業をするという道がある。個人事業主の場合は、全部が本業みたいなものだから、なかなか難しいのだ。

 

多くの個人事業主は労働者としての時間を多く過ごすから、副業はネット関連が一番楽だ。または仕事を日割りにして複数の業務をこなすとか。月~木は本業、金~日は別の仕事を、みたいな。

 

それにしても本業で生活を賄い続けるという難しさがある。仕事を立ち上げたり、立ち上げた仕事から利益を出す為に努力をすることに喜びを感じられるような人間じゃないと、途中で心が折れるだろう。

 

いつも書いているが、俺は複数の仕事をしようと思っている。すでに準備を終えて動き出しているのが3件ほど、後2件は今年中に動き出せればいいと思っている。

 

俺は、仕事を立ち上げることや、利益を出す為に努力をすることに喜びを感じることができる。だが、そこから得た利益を投機案件に使うことは無さそうだ。

 

利益が出たら古着や革靴とかの仕入れに使いたいし、居酒屋もオープンさせたい。海外に買い付けも行きたい。投機に手を出すことには喜びを感じないだろう。

 

 

労働者的なお金の稼ぎ方を続けることになるだろうな、というのは最近分かってきた。せめて体の負担が少なければいいと思うけれど。

 

文章を書いたり、好きなものを仕入れて売ったり、そんなことをジジイになっても続けられたら幸せだ。根はいつまでも貧乏人、投機なんて怖くて手が出せない。それくらいが俺にはお似合いなんだと分かっただけでもよかったのかもしれない。