しがない!

大儲け?そんなものは求めてないんだよ

ライティングで稼ぐなら単価の高い案件よりまずは自分の時給を上げよう

単価の低いライターよりも時給の低いライターの方が問題は深刻

今日は4000字のテスト記事1件と、文字数は少なめの記事修正を2件こなした。4000字のテスト記事は、検収合格しなければ報酬も発生しないというハイリスク案件。ただ、合格後は4000字で6,000円~となっているので、なんとか合格したいところだ。

 

問題は修正の方で、作業自体は大したことは無い。文章のおかしなところを修正し、画像やアフィリエイトリンクを挿入するくらい。始めたばかりの仕事だからか、1記事に1時間程度掛かってしまった。

10記事まとめて依頼され、4,000円なのでできるだけ早く終わらせたい。納期は長めだから良いが、1時間で3件が理想。悪くて2件といったところだろう。

 

今、契約しているのは2件だけでテストが1件。テストに合格すれば月に10万前後にはなりそうだ。だが、1時間で換算する時給が違いすぎるのは問題だなと感じた。

 

フリーテーマで書けるブログは、1時間で3000以上の文字数は可能だ。文章を考えつつ、思っていたことをまとめるだけだから楽だ。

だが、依頼されて書くものはそこに合わせる必要があり、それぞれにルールが存在する。そこに慣れるまでの時給の低さが問題になってくる。手早くこなせる仕事を選んだつもりだが、作業に慣れてきても1時間の作業量が増えなければアウトである。

 

そうなると、単価の低い仕事が問題というより、いつまでも時給を上げられないことの方が問題であることに気づかされる。単価の低さは案件を変えることで対応できるが、自分の技術不足でいつまでも時間あたりの作業量が増えない場合は辛い。

 

何しろ案件を変えても対策にならない可能性が高いのだ。1日は24時間、作業可能な時間が8時間とする。時給が1,000円の作業が可能であれば1日8,000円だ。月25日稼働で20万になる。それ以外の時間でヤフオクをすることもできるので、稼ぎとしてはある程度満足できる数字だ。

 

だが、時給が400円の時もある場合があればどうだ?
その仕事が全体のバランスで多いのか少ないのか?そこに注目しなければならない。多ければその案件は切らなければならない。

もちろん、切ったところで時給を上げられるわけではなく、次の案件を試さなければならないだろう。その案件を続けることで埋もれてしまう利益を掘り出す作業は必須である。

 

自分の技術向上はもちろんだが、契約している案件が時給換算に貢献しているか邪魔をしているかを判断したい。1ヶ月程度作業してみて、どうしても作業が合わず時給を上げられないのなら、残念だがそれは切った方がよいだろう。

 

クラウドで仕事を受けるのは楽だ。自宅でできるし、カフェでもできる。ノマド風に仕事ができるので、オシャレ感もある。

だが、楽だけに時給換算を忘れてしまうこともある。

 

稼ぎを最大化すれば、よりよい案件を受けることだってできるだろう。それには作業のスピードを上げることが一番大事だ。

単価の高い案件を探すのも重要だが、ライバルは多い。なんとか納得できる案件を掴みつつ、書く技術や案件をこなすスピードを上げる努力は必須。いくつもの案件をこなしてみて分かったことだが、まとめ系、特に商品紹介系の記事はほとんどルールが同じだ。コツさえ掴めばスピードを上げるのは難しくない。

 

逆に仕事術や転職なんかは数をこなして知識量も上げる必要がある。引き出しを増やせば検索して適切な情報を得られるし、記事のストーリーも簡単にできあがる。だが、コツというよりも単純な努力と作業量が重要となる。

 

どちらかと言えば誰でも書ける案件を受注(その中でも作業量少なめで単価高め)して、自分なりのコツを掴んでいくのが良いと思う。

 

ポイントは、1時間でどれだけの作業を可能にするかだ。

単価を上げても時間が余計に掛かれば、却って時給は下がる。作業量を上げれば自ずと単価が上がる。どちらが良いかは明白だと思うがどうだろう?

 

匿名記事を書く場合は、とにかく作業だ。記名記事ならある程度自分のオピニオンだって入れられるだろうし、キャラクターが認知されれば文体も自由になるかもしれない。だが、そういう人は一握りであることを自覚しよう。

ブログでも書いていれば別だろうが、それだってたくさん書いた上で、読んでくれる人が判断することだ。

 

好きなことを書くだけで普通に稼げるというのは結構なハードルだと理解しておくべきなのだ。クラウドは相手の望む形で文章を書いて、読む人が欲しい情報を与える、そこから報酬が発生するわけだ。決して好きなことを書けるわけでは無い。

 

ちょいと脱線したが、とにかく書きまくることは大事だ。

文章についての本を読んで勉強することだって大事。見落としがちだがブラインドタッチを磨くのも大事。

動作の遅いPCは論外だと憶えておこう。

 

時給を上げるためにやるべきことはたくさんある。単価を上げるよりもとにかく時給にこだわってみたらどうだろう?

今日のところはそういう感想を抱いた次第。

 

 

ゲーム感覚でブラインドタッチ